女性のとの出会い方と女性と付き合うところまでもっていく方法

投稿日:2019-07-24 更新日:

女性への適切な恋のアプローチ方法を知りたくありませんか?

女性との出会いは様々です。友達からの紹介、合コン、ナンパ、勤務先などに出会いはいくつもあります。

でも相手女性から一目惚れしてくれない限り、一気に交際までは発展しません。

一目惚れ以外の恋愛アプローチ

相手女性からの完全な一目惚れなんてめったにありません。ですので、あなたがどうやって付き合う所までもっていけるか?その方法を紹介します。

結局、女性は男性と会う回数が多いほど交際に発展する可能性が高いです。

女子が多い会社でバイトをするか、料理教室に通ってみる

飲食店なんて若い女性が大勢バイトしています。女性が多い飲食店は楽しいですよ。

仕事をちょっと手助けしたりすると仲良くなりやすいです。

あとは習い事とかですよね。スポーツクラブをはじめ男子禁制じゃないヨガ教室もありです。

思い切って「料理教室」に行ってみるのも手です。女性だらけだからいきなりモテモテになっちゃうかもしれまん。

恋愛にも効果が上がる単純接触効果(ザイアンスの法則)

ザイアンス効果は異性と接触が多ければ多いほど好意を持つという法則です。会えば会うほど好きになっていくわけですので、勤務先や学生時代は有利です。ほぼ毎日顔を合わせますから。

単純接触効果はマーケティング用語ですが、男女関係にもあてはまるというわけです。同じ配信者のメルマガを何回も見るとか、同じCMを何回も見てるうちに、その商品が気になってくるといった感じです。

単純接触効果

マイナビウーマンのWEBサイトにはこういう記事があります。

単純接触効果とは

言えば「接する機会が多ければ多いほど、相手に好感を抱きやすくなる」という心理学の法則です。この法則を見いだした心理学者の名前をとって、“ザイアンス効果”とも言われます。

もちろん、一目ぼれなどの例外はありますが、人間は一度合っただけの人よりも、目にしたり話したりする機会が多い=接触する機会の多い相手を好きになりやすいという傾向があります。

引用元:マイナビウーマン

こういった心理を使わない手はありません。でも接触できない環境にいる人はどうやるのか?それはマメに連絡をとることです。

いつの時代もマメな男性はモテる

普通にLINEで何度もやり取りしてればいいんです。さすがに1日に数十回とLINEを送るような常軌を逸した行動はダメです。

適度にやり取りしてください。何度かやり取りしているうちに相手にズバっとハマる時がくるかもしれません。

それは女性が落ち込んでいる時や心が弱っている時とかです。

女性の心のすき間に入り込む方法

誰だって落ち込む時や寂しい時があます。そんな心のすき間にスッとあなたからメールかLINEが来たら、グラっとさせられる日が来るかもしれません。

口説かれる側の女性は相手男性がから連絡がないと、「私にはあまり興味がないのかな?」とかって思います。

中には「自分の都合のいい時だけに連絡してきて・・・」みたいに怒る女性がいるかもしれません。

逆効果にさせないためにも上手くLINEは送ってください。

まとめ

遠い親戚より近くの他人ってことわざもあります。

会う回数が少なくなると情もなくなってきますよね。この感覚にさせてはダメなんです。

やさしくてマメな男性はモテますので、面倒くさがらずに女性と連絡をとりましょう。でも実際面倒くさいんですよね。

とくに脈がなさそうなキャバ嬢はマジで面倒です。それでも、女性とやりとりさえしていればビックチャンスが訪れるかもしれません。

マメな男は脈なしと思っても、黙々と連絡をとってチャンスを逃がしません。

-恋愛

Copyright© Passing Day , 2020 All Rights Reserved.