40歳から差が出る「モテる男」と「モテない男」その決定的な違いとは?

投稿日:2018-03-28 更新日:

女性からモテる40代、50代男性の特徴とは?

最近は芸能界から政界まで中高年の不倫が一大ブームになっています。流行ってるとはいいましても、ポッコリお腹のだらしない体型をした「中年おじさん」と恋する女性ってまずいないですよね。

ただし、同年代の熟女は別です。ここでは20代から30代前半ぐらいまでの若い女性を想定した話で進めていきます。

モテるアラフォー&アラフィフの条件

若い女性に限定すると、たるんだ体や不健康そうな中年太りの男性がモテる確率は極めて低いです。肥満状態と言われるBMI値が25以上あるようなメタボ腹ではダメなんです。

20代女子の恋愛対象は細身の20代~30代男性となってきます。腹の出たアラフォー、アラフィフの中高年はハナっから相手にしないということです。当然と言えば当然です。

人間は年齢を重ねるにつれ筋肉が減っていき代謝が落ちてくるため、若い時と同じ生活スタイルを続けていると当然お腹が出てきます。

40歳以上の男性の2人に1人が「メタボリック症候群」だという厚生労働省の発表が出ています。ここで踏ん張って節制して鍛えておくと、同世代の中では”ブッチギリ”でモテるようになります。

40歳以上の男性がモテようと思った時にまずやること、それはポッコリお腹をへこませて”シュッ”としたスタイルを手にいれることです。


嫌われるおじさん4つの共通点

当たり前ではありますけども、女性からモテるには相手から好かれないとダメですよね。でもその前に嫌われないようにしなけりゃいけません。

女性から嫌われているマイナスからのスタートになってしまった場合、そこから挽回するのは大変難しくなってきます。

最初はイヤ~な奴だと思ってたのに、段々と好きになるなんてのはドラマやマンガの世界だけです。現実は違います。

女性から五感で嫌われたらアウト

とりわけ、五感の中の「視覚や嗅覚」で嫌われるのは最悪のパターンです。女性から「キモい」、「生理的に受け付けない」と思われたら一巻の終わりです。そうなったらマイナススタートどころの騒ぎではありません。

「視界に入るのもイヤ」、「同じ空気を吸うのもイヤ」という存在否定レベルです。そう思われるキッカケとなる確率が高いのは以下の4点です。

  1. メタボ体型
  2. 加齢臭・ニオイ
  3. ムダ毛

この4点は女性から嫌われる要素の中では「基本中の基本」なんですが、この中でも2、3は女性からモテるモテないという以前の問題です。この2点は人への迷惑行為にもあたりますので、人として尊敬されることもなくなっちゃいます。

「臭い・うるさい・キモい」とかって思われたら、勤務先の女子社員からもイヤがられます。っていうか、勤務先では男女関係なく部下や同僚、取引先にまでストレスを与えてしまいます。こうなると出世にも響きます。

清潔感やムダ毛に関してはこちらの記事でも詳しく書いています。

女性からモテる男性の見た目と服装とは?女子ウケするメンズコーデ紹介

男性は服装を変えるだけでモテはじめます。 女性にモテる見た目は「清潔感」と「服装」です。髪型をふくめて男性の身なりは極めて重要なファクターです。 イケメンだとしても服装がダサかったり、不潔だったとしま ...

続きを見る

加齢臭が原因でハゲた女性

私の知り合いで「加齢臭」のキツイ男性上司と一緒に仕事をしてて、円形脱毛症になってしまった女性がいます。

別に「セクハラ」や「パワハラ」を受けたわけではありません。その彼女は「加齢臭」がキッカケで生理的にダメになったようです。

女性というのは一旦そういう嫌な感情に支配されると、相手男性の行動や言動の全てがストレスになってきます。それが原因でハゲてしまったようです。最終的には退職したそうです。

女性を退職に追い込み、ハゲさせる程の「加齢臭」って恐ろし過ぎます。

メタボ体型

それでは、まずは冒頭でもお伝えしたメタボ体型からチェックしていきましょう。

一般的に10代や20代の頃はみんな痩せていますので同じラインにいます。しかし、40歳近くなって体に気を使わなければ、体型の格差が極端に広がります。

この差がモテ格差にもつながってきます。40歳以上の男性で筋肉質の細マッチョという人はほとんどいないです。少数派どころか競合相手がゼロに近いのです。

そんなメタボ集団から一歩抜け出せば、モテモテの40代男を実現できます。腹筋が割れたマッチョになれば同世代は敵じゃありません。

腹筋バキバキボディを手に入れたあなたが戦う相手は、「さとり世代」といわれる20代の若者たちです。

若い「草食系男子」に筋肉質でワイルド感剥き出しの「バブル世代」、「団塊ジュニア」パワーを見せてやってください。

ですので、もうすでにお腹がポッコリ出ちゃってるという人は、「最小限の努力で細マッチョになれる!1日10分でモテる体になる筋トレの手順 」という記事をチェックしてもらって、体脂肪を落とし腹筋をシックスパックに割ってください。

腹筋をシックスパックに割って、さらに「上腕二頭筋」を鍛えると信じられないほどモテますので、これを機会に二の腕もシッカリ鍛えてみて下さい。

元々「運動が苦手で筋トレなんかしたくない!」っていう人は、体をしぼって最低限お腹を凹ませてみてください。

ポッコリ腹が解消されて全体的に引き締まった印象なら筋トレしなくても大丈夫です。

女性からモテる筋肉は二の腕!上腕二頭筋・三角筋を鍛えると激モテする理由

口ベタな男性でも女性からモテる秘策があります。 女性を口説く会話術だとか、心理テクニックを弄するみたいな面倒くさそうなやり方をとるわけではありません。下心丸出しのヘタな口説き文句を並べなくてもいいんで ...



男性もムダ毛処理は必須

見た目ではムダ毛も要注意です。体毛の場合は賛否両論ありまして、毛深くてもまったく問題ないという女性はいますし、男なのに毛が薄いのはちょっと嫌だという女性もいます。

でも、パッと見で「キモい」と思われるNo.1はムダ毛なんじゃないでしょうか?毛深いのが鳥肌が立つぐらい嫌だという飲み屋の女の子を何人も知っています。

とくに短パン姿で色白の足にもじゃもじゃスネ毛の組み合わせが最悪だそうです。

とういうことで、ムダ毛の多い男性に対して「心の底から嫌悪感を示す女性が多くいる」という時点で毛は必要ありません。

だからと言ってツルツルにまでしなくても大丈夫なんです。すきカミソリで毛を薄くするような処理をしておいたほうが無難です。

ちなみに私はアゴヒゲの永久脱毛をしていまして、足の毛なんかはワックスシートで定期的に脱毛しています。

GB ボディ ヘアトリマー 1本

おじさんはやたら音を出す

つぎ以降は体型以外に関するオッサン特有の生態についてです。基本的におじさんってうるさくないですか?

アラフィフの私が言うのもなんなんですけど、とにかく下のような音を発する頻度が高いのです。

あなたの周りにいる40代~50代を観察してみてください。何かしら音を発しています。

  • やたら喉や鼻を鳴らす
  • 何故か一年中くしゃみをしている
  • そのくしゃみのボリュームがデカい
  • ついでによく咳き込む
  • なんか唸ってる
  • ひとり言が多い

以上のような点にひとつでも該当する人は気を付けてください。これに注意するだけでも人からの評価が随分と変わります。

他にも定番の「おしぼりで顔を拭く」や「つまようじでシーシー」とかありますけども、こういう行動は人に迷惑をかけてません。

ただ「おじさんクサイ」とかって思われるだけです。

ところが、出さなくてもいい音を出すのは周りにストレスを与えてしまいます。不必要な音を出すのはやめたほうがいいです。

職場の人間は元より取引先や営業先の人達をもイラつかせてしまいます。

欧米諸国では体から出る音を忌み嫌う

麺をすする文化がある日本は音に関しては寛容ですが、欧米ではダメな国が多いです。ヨーロッパ辺りでは鼻をすするだけでもアウトです。

鼻をすするのはゲップと同じぐらいの行為だと言われています。特にドイツでは体から出る音の全てがNGです。

相手より自分という心

基本的に公衆の面前で音を出せるというのは、人の迷惑を考えていない証拠です。

自分のことだけしか考えていないということであり、相手の事を思いやっていないのです。そういう人は人間的にも信頼を得られないです。

ご自身の勤務先に音やニオイなどで周りに迷惑をかけてる上司や社員がいるとします。そんな人が出世している会社にいる方は気を付けてください。

その会社はYESマンか太鼓持ち社員しか出世しません。そういう無能上司がいる組織では、優秀な人から辞めていきます。

そうなると、やる気を失くした面従腹背の社員ばっかりが残りますので、いずれこの世からなくなる会社だと思ったほうがいいです。

ノド鳴らしおじさん

欧米を見習えとまでは言いませんが、それにしても体から音を出すおじさんの多さには驚きます。

行動の全てに音がオマケでついてくるんですよね。

特に一番多いのがノドから音を発するおじさんです。いわゆるエヘン虫というやつです。

ご自分の近くにもいませんか?結構なハイペースで「ん”~っ」、「あ”あ”ん”」、「ん”っん”~」と一日中言ってる中年男性。あれって不快じゃありませんか?「カ~ッぺッ!」ってやつと同じ類の不快音です。

周りがおじさんだらけだと「ノド鳴らし」の連発です。そのおじさん同士で「ん”~音」の大合唱が始まる時もあります。

人間誰しもエヘン虫が出る時はあります。風邪や乾燥してる時なんかに出るのはしょうがないです。

問題なのは体調を問わず数分に1回ぐらいのペースで鳴らすようなパターンです。以前、昼ごはんを食べに定食屋へ行った時の事ですが、その時に隣のテーブルで1分に1回の間隔で「ん゛ーーっ」とノドを鳴らしてるおじさんと出くわしたことがあります。

10月の出来事なので花粉症じゃないでしょうし、風邪をひいている感じでもありませんでした。あれは異常でした。

またその20日後ぐらいにラーメン屋のカウンターで餃子をつまみにビールを飲んでたら、隣の隣に座っていたオッサンが「ん”ん”~あ”~っ」って何度も鼻やノドからハイペースで音を出していました。

もうビールが不味くてしょうがなかったです。

エヘン虫を飼ってるおじさんの多さは異常

すみません、ここでちょっとグチらせてもらいたいのですが、私は体脂肪を落とすために麺類などの炭水化物に含まれる糖質を制限しています。

糖質にくわえてカロリーも高いラーメンは年に数回しか食べに行きません。

この時のラーメンは半年ぶりぐらいでした。そんな久々に行ったラーメン屋でも「ノド鳴らしおじさん」に出くわすのですから、もうたまったもんではありません。

エヘン虫を何匹飼ってるんだって話です。

楽しみにしてた「生ビール」と「こってりとんこつラーメン」が台無しでした。

「ダメだこりゃっ!」てことで別の店へ行って飲み直しました。ちょっとノド鳴らしおじさんに遭遇し過ぎです。まぁそれだけ音を出すおじさんが多いってことだと思います。

こうなると、こちら側が何か対策を講じるしかないようです。常にイヤホンを付けとかなきゃいけないようです。

気にし過ぎだって言われりゃそうなのかもしれません。音を気にしない人のほうが多数なのかもしれません。

しかし、不快に思う人は蛇蝎のごとく嫌がっています。人が出す音は隣人トラブルになり、殺人にまで発展するケースもあるぐらいです。

出さなくてもいい音を出しているわけですので、音を出す方が気をつけてほしいところです。

音は音でも赤ちゃんの泣き声とかは問題ないんです。しゃべれない赤ちゃんは泣いて母親と会話しているといいます。

泣いてるのをあやさない母親には腹立ちますけども、自分でなんとかできるもんでもありません。

しかし、いい大人のおじさんが発する音は自分で制御できるものです。

年を取ると喉の粘膜が乾燥するから仕方ない部分はありますけども、それならそれで水分を摂ってノドを潤すとかアメをなめてくれです。

あれだけ「フンガ、フンガ」、「ん”ん”っあ”っ」とかってやってたりするのは本人もツライだろうにと思います。あのような症状は仕事に集中できない気がするのですが・・・。

自分なら速攻で病院を受診します。実際に軽い風邪でノドがおかしくて気になった時は、症状が出て2日目に内科を受診して「カルボシステイン」という痰を切るクスリと、鼻水、鼻づまりに効く「ビーエイ配合錠」という薬を処方してもらいました。

もう痰がからんでエヘン虫が出まくって仕事どこじゃなかったです。

咽喉頭異常感症

最近は「寒暖差アレルギー」という風邪のような症状が増加しているようですが、男性が中年になると「おじさんアレルギー」という症状にかかってるんじゃないかと考えてみました。

と思ってノドの「イガイガ」や「つかえ」などの症状を調べてみましたら、これは咽喉頭異常感症という病気の一種だそうです。

やはりというべきか30代~50代に多く発症するそうです。以外にも女性のほうが多いそうです。

外的要因としてはタバコやホコリなどが考えられるそうです。それ以外ではストレスや不安感などの精神面から発症する場合もあります。

アレルギーや風邪じゃなくノドに異常のある場合は、病院を受診してみましょう。

スメルハラスメント

音以外ではニオイにも十分気を付けてください。最近はスメルハラスメントという言葉が生まれてるくらいです。

加齢臭などの臭いニオイは当然ダメですけども、今どきは香水や柔軟剤などのニオイがダメな人が増えているようです。ですので、もし香水をつけたとしてもつけ過ぎには注意です。

香水などの強いニオイって頭が痛くなってきます。最近はそういう人工的なニオイに反応するアレルギー体質の人も増えているようです。

香水のつけ過ぎに要注意

たまにck1などの香水をプンプンさせてる中年男性がいます。階段ですれ違っただけでニオったり、本人はそこにいないのに香水のニオイだけ残っている時があります。

「うわっ、クッサ!あのおっさん、エレベーターに乗ってたな」ってのがわかるぐらいです。

あと通路にもニオイが残っている場合もあります。「うわっ、クッサ!あのおっさん、この通路通ったな」って感じです。

奥さんと誰か身近な人か教えてあげればいいのにと思います。「ちょっと香水キツくない?」これだけでいいんです。

これをいうだけで自分の旦那さんが「香水プンプンおじさん」とバカにされないで済むのです。

本人がいないのにエレベーターや通路にニオイが残ってるって凄いですよ。安いホステスが乗った後のエレベーターじゃないんですから。

また、この香水臭さはホテルのロビーなんかでもよく出没してます。ホテルのパターンは若い男性もいます。

その人たちはおそらく旅行者で張り切って香水をつけ過ぎてるのだと思います。

男性向けのおすすめフレグランスはこれ

香水をつけるなら石鹸系かシトラス系の「オードトワレ」を軽く2~3プッシュするぐらいがいいです。ほんのり香る程度にふりかけるのがベストです。

おすすめのフレフランスは、

  1. プラウドメン グルーミングバーム (シトラスの香り)
  2. プラウドメン グルーミングバーム (シトラスムスクの香り)
  3. レールデュサボン オードトワレ(イノセントタイム)

この3種類です。

プラウドメン グルーミングバーム

「プラウドメン グルーミングバーム 」はクリーム状のフレグランスで、ニオイが広がらない特徴があります。

豆粒大のクリームを5ヵ所ぐらいに塗っても、つけてる本人の50cmぐらいまで近づかないとニオイに気が付きません。

ですので、1日に3回ぐらいは付けなおす必要があります。でもそれぐらいでいいのです。キャッチコピーにもこう書いてあります。香水未満のほのかな香り 「塗る、フレグランス」です。

レールデュサボン オードトワレ(イノセントタイム)

もう1種類のレールデュサボンの「イノセントタイム」も香りが強くなくてまったく嫌味がありません。

レールデュサボンの「イノセントタイム」は友達がつけてて、めちゃめちゃいい香りがしたので自分も買ってみました。ちょっとフルーティーで石鹸の爽やかな香りがクセになります。

夏はこの「レールデュサボン」をメインに使っています。

基本的には女性向けのようですが、甘すぎない香りですので男性にも問題なく使えます。

公式サイトには男女ともに使えると書いてありますし、大手薬局チェーン店ではメンズコーナーに陳列されてる事が多いです。

レールデュサボンは3種類の香りがあります。その中でもオレンジ色のシールが貼ってある「イノセントタイム」だけがいい香りです。他の2種類も試してみましたがダメでした。

レールデュサボン オードトワレ イノセントタイム @コスメの口コミ

自分的に久々ヒットでした。香りに一目惚れ。フルーティとソープ感満載でお気に入り。フルーティの甘すぎをソープ感で中和出来てるので万人受け出来るはずです。いつまでも嗅いでいたくなります。

(引用:@コスメ

本来のオードトワレ1本分の値段で、ハンドクリームとファブリックスプレーがセットでした!いい香りに釣られて、彼氏と一緒に使うという名目で購入。満足っ(*`・ω・´)
香りに釣られた理由は、溺愛している飼猫ちゃんのシャンプーの香りとそっくりだったからです(笑)
男の人でも無理なく使えて、匂いもお揃いというのは気分がいいです。清潔感もかもし出されている気がします!

(引用:@コスメ

カップルで使える香水☆ 香りはとても爽やかで、夏にピッタリの香りです。 冬にはどうなのかな?って感じですが 癒される香り!あと男性でも使いやすい香りです。 彼とお揃いで香水が欲しくて探していて、これがぴったりだと! 彼からふわっと香ると素敵ですよ。 あんまり強い香りで無いのが良いところ、 二人で一緒に使えて嬉しいです。

(引用:@コスメ

このシリーズの中では、1番甘い香りです。 とはいえ…石鹸かファブリック系の香りですから、 香水嫌いの初心者なら、とっつきやすいと思います。

(引用:@コスメ

メンズ用の汗拭きシートを使おう

デ・オウ リフレッシュシート 48枚入り

日本人は体臭がキツイ人種じゃありません。無臭でいられるなら可能な限り無臭でいるのが一番ではありますが、それにも限界があります。

加齢臭対策を含めて夏や梅雨時期は、メンズ用の「無香料汗拭きシート」を使うか、前述したほんのり香るオードトワレ的なものをシュっとやったほうがいいです。

メンズ用汗拭きシートは伊藤英明がCMをやっている「デ・オウ」がおすすめです。

香りで加齢臭をごまかすのではなく、汗やベタつきを根こそぎふき取って、嫌なニオイを元からシャットアウトしてくれます。

これで拭いた後のサッパリ&スッキリ感はクセになります。

汗拭きシートの中には手までサラサラし過ぎて違和感があるものや、手にベタつき感が残るシートがあります。

これらの汗拭きシートを使うと手を洗わなきゃいけません。でも「デ・オウ」にはそれがありません。

人間は年を取ると空気が読めなくる人が増えてきます。だから香水をつけ過ぎてても気づかないのです。

そういう感覚が鈍くなっている点も注意が必要です。

心あたりのある方はホント気を付けましょう。

番外編

生理的に嫌がられる4つ以外のことで言いますと、価値観の押し付けなどもありますかね。

仕事は見て覚えるもんだとか、残業や長時間労働を美徳としたりします。あとパソコンが苦手っていうのもあります。

あなたの会社にも「ちょっと、これはどうすればいいの?」と何度も聞いてるおじさんっていませんか?

しまいには「俺、パソコン詳しくないから」と、なんか自慢げに言い出すような始末です。パソコンを効率よく使えば仕事が早く済むのに覚えようとしないんです。

知らないことはまずネットで調べなさいって話です。ネットとかで検索してもわからんかったら聞くのもしょうがないです。

こっちだって「自分で検索して調べたからお前が聞いた事を知ってるんだ!」って若手は言います。

ごもっともです。返す言葉がございません。

まとめ

年齢を重ねれば加齢の影響で体力や精力が衰えてきます。そうすると女性を口説こうという気がなくなってきます。

こうした流れが中高年の劣化に拍車をかけます。

外見に気を使わなくなり、加齢臭を放置して体型もメタボです、中にはメタボとは逆でギッスギスのおじいさんみたいな40代もいて、髪の毛が白髪だらけでも知らんぷりです。

それではまずいです。かといって「油ギッシュなエロオヤジもキモい」と思われますので注意が必要です。

誰でもいずれはおじさんになります。そう言われる年齢になっても女性を意識していきましょう。そうすればビール腹では絶対にダメだって気付きます。

その場の空気を読まなきゃいけないですし、ニオイや身だしなみにも気を配ります。

早速、明日から「汗拭きシート」で顔の油を落とすところからでも始めましょう。くれぐれも香水のつけ過ぎには注意してください。

モテを意識しない開き直りの心が、オッサン臭い言動や行動をエスカレートさせます。

そういった人を反面教師として、「人の振り見て我が振り直せ」じゃないですけど、こうはなるまいと思って普通よりちょっと上のミドルになりましょう。

 

-恋愛, 筋力トレーニング

Copyright© Passing Day , 2020 All Rights Reserved.